トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

日本酒味わい明知鉄道応援だ 恵那の岩村醸造「鐵の道」販売

明知鉄道応援酒「鐵の道」をPRする渡会社長(左)=恵那市の明知鉄道恵那駅で

写真

 「女城主」の銘柄で知られる岩村醸造(恵那市岩村町)は、明知鉄道応援酒「鐵(てつ)の道」を販売している。特別純米酒1本と辛口純米酒1本(ともに300ミリリットル入り)、オリジナルのおちょこ1個、木升1個をセットにした。オリジナルの箱に詰めてあり、1セット2300円。

 地域活性化の企画などを手掛ける民間会社「地域力創発」(川崎市)が、地元の酒蔵と結び付けることでローカル鉄道の支援につなげようと呼び掛けている「鐵の道プロジェクト」の一環。現在はほかに、千葉県の「いすみ鉄道」と「木戸泉酒造」など7組が同様の商品展開をしている。

 渡会充晃社長(45)は「明知鉄道を知ってもらうきっかけになれば。ローカル鉄道で日本酒を味わいながらのどかな時間を楽しんで」と話した。(問)岩村醸造=0573(43)2029 

(生田貴士)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索