トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

情景の中をキーボ、フクラム… 福井でジオラマ作品展

 福井ならではの情景をイメージした作品が並ぶ鉄道ジオラマ展=福井市のショッピングシティ・ベルで

写真

 鉄道ジオラマの作品展が9日、福井市花堂南2のショッピングシティ・ベル3階で始まった。ベルの鉄道ジオラマ制作教室で学ぶ7歳から65歳までの10人が、鉄道や飛行機などのジオラマ50点ほどを出展した。入場無料。11日まで。

 新型の低床車両であるえちぜん鉄道の「キーボ」や福井鉄道の「フクラム」などが走る福井ならではの情景をイメージした作品や、石畳や花をちりばめた作品などが並ぶ。

 9年目の今回は小学生や女性の作品も多く、講師の酒井正人さんは「鉄道や模型の初心者がほとんど。自由に作ってもらったので、それぞれの個性が表れている」と話した。

 吉田民一(たみかず)さん(65)=同市東今泉町=は、2年がかりで仕上げた畳2畳分ほどの作品を披露。機関区や高架橋などを配置した大作で「完成した姿を思い浮かべながらコツコツと作業をするのが楽しい」と語った。会場では鉄道ミニジオラマの制作体験も開いている。 

(山田陽)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索