トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

特急「ひだ」などでハイブリッド車両 JR東海が22年度めどに

JR東海が開発する新型の特急用ディーゼル車両のイメージ=JR東海提供

写真

 JR東海は7日、在来線特急の「ひだ」「南紀」で使われているディーゼル車両について、2022年度をめどに、蓄電池の電力を利用するハイブリッド方式の新型車両を導入すると発表した。燃費が約15%改善することに加え、快適さや利便性の向上も目指す。

 ハイブリッド方式の車両はJR東日本などで導入済みだが、JR東海では初めて。

 従来の車両は、2台のエンジンで直接車輪を回していたが、新型車は1台のエンジンで発電した電力を使い、モーターで走る。ブレーキをかける時にモーターを逆回転させて電力をつくり、蓄電池にためて加速時などにエネルギーを再利用できるようにする。

 岐阜県の飛騨地方へ向かう特急「ひだ」は、訪日客の人気が高く、乗客の2〜3割が外国人だという。訪日客の利用を見据え、新型車は大型スーツケースの収納スペースを設けたり、漆器をイメージした和風の外観にしたりする。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索