トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

丸窓電車をピカピカに 岐阜・金公園

丸窓電車に乗り込んで車体を磨く参加者ら=岐阜市金町の金公園で

写真

 旧名鉄岐阜市内線などで大正時代から運行し、丸窓電車の愛称で親しまれた路面電車の車両「モ510形」の清掃活動が4月29日、車両を展示している岐阜市金町の金公園であった。

 沿線住民らでつくる「丸窓電車を保存する会」が、年2回開く恒例行事。今回は会員約10人が集まった。同園を訪れた家族連れらも参加し、車体についた砂や汚れを、紙ぞうきんで丁寧に拭き取った。周囲の雑草や落ち葉も集め、70リットルのごみ袋5杯分を片付けた。

 車両は1926年製造で、2005年の廃線まで使われ、翌年から同園で展示。土日を中心に、会員が見学会を開いている。

 参加した岐阜工業高等専門学校4年の宮崎祥多さん(18)は「小学生のころ、路面電車が走っていたことは覚えている。かなりきれいになりました」と振り返った。広瀬康之代表(52)=同市金町=は「岐阜の街の顔だった電車。歴史を体感してもらえるよう、大事に残したい」と笑顔で話していた。

 (鳥居彩子)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索