トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

5月1日に開業762日でイベント 四日市あすなろう鉄道

開業762日記念で発売する乗車券=四日市あすなろう鉄道提供

写真

一日駅長を務めるダーリンハニーの吉川正洋さん=四日市あすなろう鉄道提供

写真

 線路幅の762ミリにちなみ、四日市あすなろう鉄道(四日市市安島)は29日から、開業762日記念イベントを駅や車庫、電車内で開く。 

 29日から5月7日まで記念装飾列車を運行する。沿線風景のイラストや記念シールで外観を飾り、車内には社員の感謝メッセージを掲示する。出発式は29日午前11時半から、安島のあすなろう四日市駅で開く。

 開業762日目となる5月1日午前10時に、あすなろう四日市駅で乗車券・入場券セット(660円)やハンドタオル(700円)など記念グッズ販売を始める。廃車のつり革は50個限定。

 3日午後1時、東海ラジオ「源石和輝音楽博覧会」の公開収録があすなろう四日市駅である。5日午後2時には内部車庫(小古曽)で見学と電車の洗車体験を受け付ける。6日はお笑いコンビ「ダーリンハニー」の吉川正洋さんが1日駅長に就任、午後1時10分あすなろう四日市駅発のイベント列車に乗る。

 車庫見学は定員60人、イベント列車は定員45人。いずれも当日の1日乗車券購入が必要で、23日までに所定の用紙で申し込む。応募多数の場合は抽選となる。

 四日市あすなろう鉄道は2015年4月1日に開業。元々は近鉄の内部・八王子線。四日市市が施設を譲り受け、公有民営方式となった。線路幅の762ミリは特殊狭軌と呼ばれ、国内の鉄道で最も狭い。同様の線路は三岐鉄道北勢線(桑名市−いなべ市)、黒部峡谷鉄道(富山県)の2路線でも採用されている。(問)四日市あすなろう鉄道=059(351)0688

(吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索