トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

飯田線新グッズが完成 手ぬぐいで全94駅と名所を紹介

実行委員会から手ぬぐいを受け取る畑中駅長(右)=飯田駅前で

写真

 愛知県豊橋市から長野県辰野町までをつなぐJR飯田線の全94駅を、沿線の名所とともに描いた「飯田線マップ手ぬぐい」が完成した。製作した実行委員会は7日、販売開始を記念し、手ぬぐいを飯田駅に寄贈した。 

 手ぬぐいは幅35センチ、長さ90センチ。かつて走っていた青に白線が入った電車をイメージしたという紺地に白抜きで、デザインは飯伊地域のデザイナーと書家に頼んだ。路線と全駅の名前、飯田駅庁舎や天龍峡(飯田市)などの切り絵風の絵が描かれている。

 全国から訪れる鉄道ファンらの定番土産にし、沿線地域の活性化につなげようと、飯田市羽場権現の飲食店経営尾沢章さん(46)ら有志6人による実行委員会が企画。8月20日の飯田線全通80周年に間に合うよう完成させた。2月下旬にはJR東海の承認も得て、今月1日に発売した。

 飯田駅の畑中徹駅長(55)は「色あんばいが非常によく、全駅網羅されているのが素晴らしい。秘境駅など、乗り尽くしたいと思わせるような出来栄え」と喜んだ。

 手ぬぐいは税込み1080円。同市中央通りのお土産品店一茶堂や多月堂、飯田産業センターなどで購入できる。取扱店も募集中。

(服部桃)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索