トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

ピカピカの「しごはち」で新入生歓迎 美濃加茂・古井小で保存会が清掃

丹念に車体を磨く保存会員ら=25日、美濃加茂市古井小で

写真

 元国鉄職員や長良川鉄道の現役運転士らでつくる「古井小学校SL保存会」の12人が、美濃加茂市の同校グラウンドにある蒸気機関車(SL)C58280(通称しごはち)を清掃した。

 このSLは長さ18メートル、高さ4メートル。1941(昭和16)年に造られ、69年まで高山線や太多線などを走っていた。70年に旧国鉄から市に貸与されて以来、同校で保存されている。

 周りの桜とともに、ぴかぴかの車体で新1年生を迎えようと、会員らが約2時間活動。JR東海ユニオン高山線支部の有志30人も協力し、油を付けた布で車体の汚れを丁寧に落としてから、から拭きして磨き上げた。

 保存会は今後も年2回の清掃を続けていく。SLの機関助士だった会長の日比野昭さん(74)=同市田島町=は「思い入れのある車両。ずっときれいに残していきたい」と話していた。   

(平井一敏)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索