トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

恵那のALT招き試乗会 明知鉄道グルメ列車1日運行開始

ところてんも付く寒天列車の料理=恵那市大井町で

写真

 恵那、中津川市を走る第三セクターの明知鉄道は4月1日から、グルメ列車「寒天列車」と「おばあちゃんのお花見弁当列車」の今季の運行を始める。旅行会社関係者らの試乗会が29日にあり、地域の良さを知ってもらおうと恵那市の外国語指導助手(ALT)5人も招いた。

 寒天列車は9月30日まで。料理は山岡駅かんてんかんが担当。山岡町特産の細寒天を使ったすしやそば、豆腐、豚肉冷製しゃぶしゃぶなどを3段重に盛り込んだ。自分で突き出して味わうところてんも付く。1日フリー乗車券付きで5000円。

 お花見弁当列車は、4月30日まで。「山岡のおばあちゃんの手づくりの店」のメンバーが交代で料理を担当。地元産の米や山菜、野菜を使った煮物やあえ物、揚げ物などが入る。1日フリー乗車券付きで2500円。

 いずれの列車も、祝日を除く毎週月曜は運休。恵那駅を午後0時22分に出発し、明智駅までの約1時間で車窓の風景を楽しみながら料理を味わう。1週間前までに要予約。

 試乗会に参加した米国出身のALTマックウィリアムス・スコットさん(24)は「寒天料理の種類が多いのにびっくりした。とてもおいしい」と喜んでいた。

 (問)明知鉄道=0573(54)4101

(生田貴士)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索