トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

受験生応援へ企画いろいろ 近鉄白子駅

受験生を応援する企画をアピールする谷崎駅長=鈴鹿市の近鉄白子駅で

写真

 受験生にエールを送ろうと、鈴鹿市の近鉄白子駅が3日から「サンサンと輝け!受験生」と銘打った企画を展開する。昨年に引き続き、桜の木の枝で作られた鉛筆を先着順で贈るほか、合格祈願の駅の入場券セットを販売。公立高校入試が開かれる9日朝には、「合格(さくら)行き」と記されたヘッドマーク付きの電車も走る。  

 鉛筆は、四日市市で子どもたちに鉛筆を贈る活動に取り組む「海蔵川サクラサク鉛筆の会」の職人が手作りした。昨年、受験生や保護者らに配布したところ好評を受け、今回も1000本を用意。包装紙には「志望校合格」などと書かれている。

 合格祈願入場券は3日の日付が入り、白子駅と桜駅(四日市市)、1年を通して咲く「不断桜」に近い鼓ケ浦駅(鈴鹿市)の券3枚をセットに。台紙にはメッセージを書く欄や、不断桜の紹介も添えた。1セット450円で500セット限定。白子駅のみで販売する。

 「合格(さくら)行き」のヘッドマークには桜並木の近くを通る電車の写真を印刷。9日朝に県内を通過する11系統の普通・急行電車で掲示される。

 鉛筆と入場券、ヘッドマークは、必勝祈願で訪れる人が多い勝速日(かつはやひ)神社(鈴鹿市白子本町)で祈祷(きとう)を受ける。谷崎隆二駅長(52)は「受験生を応援する白子駅のイメージを定着させ、地元の名所もアピールしたい」と話した。(問)白子駅=059(386)0024

(山本克也)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索