トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

映画「聲の形」切符やファイルなど発売へ 養老鉄道

12日に発売される「聲の形記念きっぷ」

写真

 養老鉄道は12日から順次、大垣市などを舞台にした映画「聲(こえ)の形」と連携したグッズを発売する。

 「聲の形」は、大垣市出身の漫画家・大今良時さんの原作で、昨年9月から全国ロードショーされた。作中には養老鉄道大垣駅や養老駅をモデルとした風景のほか、養老鉄道をモデルにした電車に乗るシーンも登場する。

 グッズは切符(大垣−養老間の往復乗車券820円)、入場券(400円)、ポストカード(400円)、クリアファイル(600円)の4種類で、それぞれに映画のシーンをデザイン。切符と入場券は12日、残りは19日に発売する。切符は大垣駅と養老駅のみ、それ以外は大垣、養老、西大垣、多度、駒野、揖斐、下深谷の各駅と薬膳列車の車内で購入できる。

 同社鉄道営業部の村上慶晃総務企画課長(34)は「大垣を舞台にした作品ということで、聖地巡礼をして、養老まで足を運んでいただければ」と話した。(問)養老鉄道=0584(78)3400 

(吉本章紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索