トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

旧神岡鉄道「おくひだ1号」10年ぶり再起動 4月のフェスで走行

エンジンを起動した「おくひだ1号」の運転席=飛騨市神岡町船津で

写真

エンジンを起動した「おくひだ1号」=飛騨市神岡町船津で

写真

 2006年に廃線となった旧神岡鉄道の気動車「おくひだ1号」のエンジンが25日、飛騨市神岡町船津の車庫で再起動し、公開された。4月8日に同町で開く「ロストラインフェスティバルin神岡」で10年ぶりに走行し、乗客も公募する。 

 同鉄道の線路は現在、レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」に活用され、人気を集める。運営するNPO法人「神岡・町づくりネットワーク」と市でつくる実行委がイベントを企画。昨年12月に北陸の熟練した鉄道整備士らが集い、修理した。

 車両は全長18・5メートル、高さ3・9メートル、幅約3メートル。起動スイッチが押されると、車体が揺れ、汽笛が響いた。廃線後も車内の清掃を続けてきたという同NPO法人事務局の田口由加子さん(38)は「感無量です」と喜んだ。

 4月8日は全国の廃線活用団体を招き「日本ロストライン協議会」の設立総会があるほか、おくひだ1号が旧奥飛騨温泉口駅までの約2・9キロを走る。さらに往復1・4キロの区間を5往復し、全国から計160人の乗客を募る。26日〜2月25日に「ガッタンゴー」のホームページから受け付ける。応募多数の場合は抽選。イベント後は、毎年4月〜11月下旬まで同駅に車両を展示する。

(浜崎陽介)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索