トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

1日乗車券を紙製に「年3000万円経費減」 名古屋市交通局

券売機で発売されている1日乗車券=市交通局提供

写真

 名古屋市交通局は2017年度、券売機で販売されている地下鉄・バスの1日乗車券を、現在のプラスチック製から紙製に変更することを明らかにした。年間で3000万円の経費縮減につながるという。佐藤夕子氏(減税)の個人質問に答えた。

 交通局によると、現在のプラスチック製は1枚当たり15円前後の費用がかかるが、紙製になると、2円前後で済む。

 駅長室などで販売する券は、改札の機械を通す際に日付が印刷される仕組みのため、これまで通りプラスチック製のままとする。券はいずれも使い捨て。

 二神望・交通局長は「コスト縮減の観点や他都市の導入状況を踏まえ、紙券とするため、準備を進めている」と答弁した。交通局は年内にも外国人観光客向けに、日本語と英語を併記した1日乗車券も販売する方針。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索