トップ > 特集・連載 > ニュースを問う > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ニュースを問う

変わらぬ原子力ムラ(2) 中崎裕(福井支社報道部)

「原子力はエコ」と言っているが…放射線に阻まれ、今も厳しい廃炉作業が続く福島第一原発(左から1号機、2号機、3号機)

写真

 両目を開いて、左右の手の指先を突き合わせると、うまくぶつかる。ところが、片方の目をつぶって同じことをしようとすると、距離感がつかめず、うまく合わせることができない。核のごみや避難対策などさまざまな課題を残したまま原発再稼働に突き進むのは、こんなふうに片方の目を閉じ、見えているのに遠近感がなくなっている状態に似ているかもしれない。

 電力会社が再稼働したいのは、目先の利益のためだ。関西電力によると、大飯原発3、4号機が再稼働すれば、一カ月あたり九十億円の収支改善が見込めるという。電力自由化で一般家庭も電力会社を選べるようになり、関電の販売電力量は震災前の二〇一〇年と比べ約25%減少した。関電の岩根茂樹社長は記者会見で「原発が再稼働したら値下げして競争力を高めたい」と繰り返している。

 自由化で競争にさらされる中、電力会社が利益を追求するのは当然だ。原発は巨額の建設投資が必要で、長年かけて回収する。福島第一原発事故後、原発の電気は高いのか安いのかが話題になったが、それはあくまで新規建設の話。運転開始から四十年を迎える大飯原発1、2号機では、対策工事後の管理が困難として廃炉を決めたが、できれば既存の原発は動かした方が「おとく」なのだ。

 問題は、核のごみ問題を先送りし、避難計画の検証もされないまま、利益のために再稼働するのを消費者を含め周囲が認めるのかどうかだろう。福井県は廃炉中も含め全国最多の十五基を抱え、立地する市町は経済的にも財政的にも依存するため原発停止の影響が比較的大きいが、認めた理由はそれだけではない。

◆「国策に協力」と知事

 「なぜ今、再稼働を認めたのか」。私は西川一誠知事が同意を表明した会見で、そう尋ねた。知事は「(国が)原子力エネルギーに一定割合を依存するという方針を出している」と語り、再稼働を国策に貢献する「福井県の役割」と位置付けた。貢献の見返りを念頭に、あくまで「国がやりたいと言うので協力している」という姿勢を貫く。

 その国は福島第一原発事故の前と後で、原発の増設方針から「可能な限り依存度を低減する」に変わったものの、原発を「ベースロード電源」と位置付け、再稼働を推進している。理由として、一四年に策定したエネルギー基本計画では「優れた安定供給性と効率性を有しており、運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出もない」とうたわれた。

 原発が止まって火力発電の燃料費がかかって電気代が上がっていることに加え、特に最近は二酸化炭素(CO2)を出さない点を改めてアピールするようになった印象を受ける。世耕弘成経済産業相は、先月二十六日に西川知事との面談で「(原子力の)社会的な意義の中にはやはり気候変動対応、パリ協定二〇五〇年の目標という中で、原子力の位置付けや役割をしっかりと考えていかないといけない」と語った。三十年後も原発は必要と言わんばかりの発言で、その裏には原発の新増設もちらつく。

 関電もホームページで「安さ」に続いて「エコ」を前面に打ち出すようになっている。「電気代が上がっているから再稼働。環境の未来を考えると原発は必要だ」という主張で、遠近感を失っているという指摘には、両目で現在と遠い将来を見ていると反論するかもしれない。

 しかし、本当にそうだろうか。一五年に日本記者クラブの取材団としてドイツを訪れた際、脱原発と経済成長の両立を目指す連邦経済エネルギー省の次官は「脱原発で貧しい家庭が生じるという議論もある。それは社会福祉の面から解決する問題で、エネルギーの問題ではない」と語った。

 環境に関しても同じだ。現行のエネルギー基本計画ができた約一カ月後、福井地裁の裁判長だった樋口英明さんは、大飯原発の運転差し止めを命じた判決でこう記している。「福島原発事故はわが国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである」

◆安全が大前提のはず

 もちろん脱原発にも課題は多くある。だからといって、原発の抱える課題や、また起きるかもしれない事故のリスクに目をつむり、事故前と同じ理屈で推し進めるのは前後不覚に陥っていないか。ちなみに事故前の一〇年に策定されたエネルギー基本計画で原発の項目にこうも書かれていた。「安全の確保を大前提として」。大前提が崩れたはずだが、ここにも今も同じ言葉がおどっている。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索