トップ > 特集・連載 > ニュースを問う > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ニュースを問う

元名大生事件(1)証言台の母 天田優里(名古屋社会部)

元名古屋大女子学生による殺害事件で、初公判の傍聴券を求める大勢の人たち

写真

 証言台に立った母親(50)の手には四つ折りの紙が握られていた。「何か持っていますが、メモはだめですよ」。法廷で指摘されると、「話したいことがあります。暗記はしていますが裁判は初めてなので、不安なので」。真摯(しんし)な思いが伝わる。静かに語りだした。

 母親 「私の娘が犯した罪によって、被害者、遺族の方に深い悲しみや計り知れない苦しみを与えてしまい、親としておわびしたい。(中略)私たち夫婦が育てていなければ、娘は違う人生を送り、こんなようにならなかった。娘に対しても正直申し訳ない思いです」

◆娘の罪背負い悲痛

 言葉をかみしめるように、時折つまらせ、肩はふるえていた。長女の罪を一身に背負うように、ただ自分を責めているように聞こえた。その後はうつむき、か細い声で、弁護人に問われるままに淡々と答えた。

 母親は正社員で事務仕事をしていた勤め先を辞め、今は元研究者の夫がアパート管理で生計を立てている。弁護側から「印象に残る出来事は?」と聞かれ、小二のときに文房具を万引しようとしたことを明かした。

 母親 「店を出る前に私が気づき、とても悪いことだと言うと『友達がやっている。お金を払うだけ損。友達だけ得してる』と。絶対にいけないこと、警察に捕まる、と話し、夫も注意した。夫の厳しい叱責(しっせき)には泣いたような気がする」

 小五のある日のやりとりが今も引っ掛かっていた。

 母親 「それまでは『ママ』と呼んでいたのに、突然『きょうからあんたは下の名前で呼ぶから』と言われ、呼び捨てにされた。宣言するみたいに。理由を聞いたら、『こう決めたから、こうなの』という言い方をされ、注意しても直りませんでした」

 夫も「パパ」から「おやじ」になり、中学生になると自分を「おれ」「おれさま」と呼ぶようになった。

 母親 「自分をそう呼ぶときは、ちょっと得意そうな感じで、注意しても答えず、むしろ注意されておもしろがる様子だった。なぜそう呼ぶのか、理由はわからない」

 小六のとき、担任の男性教諭の給食にホウ酸を混入しようとし「友達がホウ酸をなくしたので、消しゴムのかすとホチキスのはりをいれた」と、高校生になって聞かされた。中学一年の二学期は不登校に。児童精神科で「ストレスの原因は親にある」と長女は話したが、母親に思い当たるふしがなく、転居した直後だったことからシックハウス症候群だろうと思っていた。家では夫が小一から中学生までピアノを教え、受験勉強も夫がみた。成績は「中の上」で、担任との面談には夫婦が交代で出た。男子生徒とけんかして頭を打撲したときは夫に「からかわれたから」と話したという。

◆凶行への“芽吹き”

 表面的には、一般的な女子中学生とさほど変わらないこの頃から、長女の内面で何かが進行していたのか。事件の凶行に通じる“芽吹き”のような中三のときの出来事を母親は語り始めた。

 母親 「(仙台の)自宅から山形の私の実家に向かう途中、片側一車線のトンネルで、北海道のトンネル崩落事故のことを私が持ち出し『怖いよね』と話したら、生き生きとした感じになって『他になんかないの?』と。それで『あんたと同じ年代の子で年下の子を殺した神戸児童殺傷事件があったよ』と話した。そうしたら、『すごい、自分と同じ年でそんなことができるなんて、すごい』と。美化する言い方にがくぜんとした」

 そのころから、自室のごみを片付けようとする母親に「自分でやるから入ってこないで」と拒絶。サバイバルナイフをネットで購入したことを問いただすと「調べた少年事件の犯人が二人とも持っていたから」と話した。

 母親 「神戸殺傷事件のことは、娘が被害者になる側で、自宅に帰るときに気をつけなさい、という意味で言っていたのですが…」

 すぐに夫婦で話した。「大丈夫なのかしら、どうなるのかしら」という妻に夫は「変なことを話したからだ」と言いはしたが「今のうちだけだろう」とも話し、大ごとにはとらえなかった。

 証言台で冒頭に語った「私たち夫婦が育てていなければ」の言葉は、苦悩し、答えを探しあぐね、見つからず、疲れ果てた末に、飛び出してきたようにも思える。いつから、何をきっかけに、長女の視点が「加害者側」になったのだろうか。

      ◇

 名古屋地裁で三月、殺人などの罪で無期懲役判決を受けた名古屋大の元女子学生(21)=控訴中。発達障害、双極性障害(そううつ病)が表面化していく成長過程を裁判での証言からたどり、事件から何を学ぶべきか、考える。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索