トップ > 特集・連載 > ニュースを問う

ここから本文

ニュースを問う

写真

 認知症をいち早く題材にした小説として知られる有吉佐和子の「恍惚(こうこつ)の人」(一九七二年)には冒頭、信用金庫を退職し隠居生活もすでに二十年以上になる舅(しゅうと)の茂造と、嫁の昭子のこんなやりとりがある。(8月12日 朝刊) 記事全文へ

[写真]

認知症事故でJR側の逆転敗訴を伝える紙面

 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索