トップ > 特集・連載 > みえびとの肖像 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

みえびとの肖像

第47回 Roy(23) マジシャン

Royさん

写真

◆やりたいことが天職

コインやトランプなどマジシャンの仕事道具

写真

 華麗なマジックを披露すると、あっけにとられる客に得意顔を向ける。親の影響で医師の道を目指していたが、自分に正直になった時、マジシャンの道を選んだ。血のにじむような努力を続け、今年三月、全国大会で日本一の座をつかんだ。

 マジックとの出合いは大学一年のとき。先輩の技を見て、のめり込んだ。授業中も机の下で練習用コインを手放さないほど熱中した。

 父親と姉が医者で、自身は医学部を目指して教育学部で三年間、仮面浪人した。勉強のストレスで胃腸を患ったとき「安定した生活よりやりたいことをやりたい」と思いが爆発。家族の反対を押し切り大好きなマジックで生きていくと決めた。

 二年後のアジア大会や、世界大会出場を目指して、新たな技の習得に励む日々。「毎日八時間は練習してるけど、浪人時代と比べたら天国です」。彼のマジックは、タネも仕掛けもない努力の結晶だった。

 写真・文 大橋脩人

 <ロイ> 本名・樋口僚。四日市市西新地在住。津市で生まれ育ち、22歳で大学を中退し、マジックバー「マジックツリー」(四日市市)に入店。23歳でテーブルマジックの全国大会「チャレンジャーズライブ」で優勝した。

カウンターに立ち、客の目の前でマジックを披露する=四日市市諏訪栄町のマジックツリーで

写真
 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索