トップ > 特集・連載 > みえびとの肖像 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

みえびとの肖像

第32回 垣内菜帆(25) パラモーターパイロット

垣内菜帆さん

写真

鳥になった気分で大空を自在に舞う=津市須ケ瀬町で

写真

◆「どハマり」空中散歩

 大きなプロペラ付きのエンジンを背負い、大空へと飛び立つ。落下傘を操り、まるで鳥のように空中を散歩する。昨年九月、モーター付きパラグライダー「パラモーター」の日本選手権で入賞し、四月に開幕する世界大会の推薦枠を獲得した。

 三年前、実家の鮮魚販売店の客から体験飛行に誘われた。水上バイクが趣味で、海の遊びに慣れ親しむ父親へ対抗するつもりでやってみると「どハマり」した。どこまでも続く海岸線やミニチュアのような街並みを見下ろせば、気分は大きくなり、悩みも吹き飛んだ。すぐに総額約六十万円の機材を買い、練習した。

 スカイダイビングやハンググライダーと異なり、上昇、下降は自由自在。時に高度数百メートルに達することも。競技人口が少ないため、気付けば「世界」が近づいていた。世界一の高みを見据え、これからも、純粋に空を飛ぶことを楽しむ。

プロペラやエンジンの点検は欠かせない=津市須ケ瀬町で

写真

写真・文 大橋脩人

 <かいと・なほ> 鈴鹿市野辺(のんべ)在住。同所で生まれ育ち、23歳でパラモーターを始める。同市で両親が営む鮮魚販売店「魚茂」で働く。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索