トップ > 特集・連載 > みえびとの肖像 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

みえびとの肖像

第6回 勝又ひとみ(54) クレーン会社社長

写真

◆ヒョウの風格まとう

ヒョウ柄のボディーが目を引くカツマタのクレーン車=津市江戸橋で

写真

 軽快なダンスと音楽で今年大流行した「PPAP」。あの芸人が身に着けていたことでもなじみ深いヒョウ柄の衣装に、高校生のとき一目ぼれした。

 「かっこええなあ」。名古屋のデパートで見た洋服に衝撃を受け、とりことなった。ハンカチ、ベルト、バッグ…どの持ち物も、あの黄色と黒のまだら模様を買いそろえていった。「昔は誰も着てなくて都会的なイメージだった」

 毛並みの美しさ、体のしなやかさ、気品をまとったヒョウの風格を借りられるような気がした。「身に着けているとしゅっとした気分になる。大阪のおばちゃんみたいな『ガオー』って感じじゃないんです」

 会社を設立するときに買った中古のクレーン車も特注でボディーをヒョウ柄に。盗難防止だけでなく会社のイメージとして定着した。事業は拡大し、二十二台のクレーン車を保有する会社にまで築き上げた。

 五年前に自宅兼事務所を新築した時も、外装や壁紙に模様を取り入れた。目標は作業服とヘルメットもヒョウ柄にすることだとか。

自宅兼事務所の外装もヒョウ柄に=伊勢市小俣町で

写真

写真・文 大橋脩人

 <かつまた・ひとみ> 伊勢市小俣町在住。鳥羽市で生まれ、7歳で伊勢市に。高校を卒業後、建設会社に就職。33歳で独立し、クレーンサービス会社「カツマタ」を設立。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索