トップ > 特集・連載 > 街が変わる > 記事一覧 > 記事

ここから本文

街が変わる

名駅南の活性化目指し、人の流れなど調査 URと名工大

写真

 名古屋市中心部の名駅南地区で、都市再生機構(UR)と名古屋工業大が、八月から街づくりの共同研究をスタートする。 歩行者の流れや働く人の年代や性別などの基礎データを共同で調査・分析し、補助金を使わずに地域を活性化する「エリアマネジメント」の実現を目指す。 (8月02日 紙面から)

[写真]

名古屋工業大と都市再生機構が街づくりの共同研究を始める名駅南地区。名駅周辺(写真右上)と伏見・栄地区をつなぐ役割が期待される=名古屋市中村区で、本社ヘリ「まなづる」から

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索