トップ > 特集・連載 > クルマ革命 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

クルマ革命

AI搭載、未来の車競演 東京モーターショー

AIを搭載したトヨタ自動車のEV試作車「コンセプト・アイ」=25日午前、東京都江東区の東京ビッグサイトで(浅井慶撮影)

写真

◆トヨタ、EVで運転支援試作車

 国内外の自動車メーカーが最先端の技術を競う「第四十五回東京モーターショー」が二十五日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で報道関係者に事前公開された。世界的な環境規制を受け、各社が開発に力を入れる電気自動車(EV)や、運転を支援する人工知能(AI)を活用した車などが並ぶ。二十七日に開会式があり、一般公開は二十八日から十一月五日まで。

 二年に一度の開催。今回は世界十カ国から百五十三社・団体が参加し、世界初公開は約七十台。VR(仮想現実)システムで未来の乗り物を試乗できるコーナーなど、体験型展示も充実させた。

 「全ての人に移動の自由を」。トヨタ自動車はディディエ・ルロワ副社長がこう宣言し、AIを搭載したEV「コンセプト・アイ」シリーズの試作車三種を発表した。AIがドライバーの感情や好みを読み取り、自動運転やルート提案をする四人乗り車のほか、車いす利用者も使いやすい「ライド」、一人用の立ち乗り「ウオーク」を披露した。

 一方、日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は出展車の説明に先立ち、資格のない従業員に新車の完成検査をさせていた問題について、「関係者やユーザーに多大な迷惑と心配をかけた。おわびする」と謝罪した。

 入場料は大人千八百円(前売り千六百円)、高校生六百円(同五百円)、中学生以下は無料。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

Search | 検索