トップ > 特集・連載 > 高校生・大学生 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

高校生・大学生

<スタッフが聞く> ペッパー開発責任者・蓮実一隆さん 

ロボットのペッパーを囲み、蓮実一隆さん(右)に質問する高校生スタッフ=東京都港区で

写真

 人工知能(AI)が人間の仕事を奪い、ロボットが社会をコントロールする時代になる!? 街のあちこちで働くロボットの姿に戦々恐々とする高校生スタッフたちが、ヒト型ロボットの先駆け「ペッパー」の開発責任者を直撃。「AIのある未来」について考えた。

 インタビューしたのは、ソフトバンクロボティクス(東京都港区)で、ペッパーの企画・開発からマーケティングまでを一挙に手掛ける蓮実一隆さん(52)だ。

 スタッフの一人が「ロボットが進化して、人間の仕事がなくなるんじゃないかと不安です」と打ち明けると、思わぬ答えが返ってきた。「えっ、仕事がなくなって最高じゃん。昔と違って重い物を運ぶ作業は自動車がやっている。それってそんなに嫌なことかな」

 今や携帯ショップや回転ずし店、銀行などの店頭でおなじみのペッパー。人から発せられる言葉や声の調子、首をかしげる動作などから自ら学習し、相手の感情を読み取りながらコミュニケーションできるのが特徴だ。二〇一五年の発売以来、家庭以外での利用は約二千社に広がっている。

 意外だったのが「日本に来た外国人旅行客が好んでくれること」という。スマートフォンと同様、ペッパーに翻訳機能のあるアプリを導入すれば、それぞれの国の言語で対応することも可能だ。「人が二十カ国語を操るのは難しいが、ロボットは同じことをびっくりするくらい同じようにできるのが魅力」と蓮実さん。労働人口が減る日本では、「AIは電気や水と同じように『あって当たり前』のものになる」と予測した。

 一方、技術革新を手放しで喜べない現状もある。別のスタッフが懸念を抱くのは、AIを搭載した機械が自らの判断で敵を殺傷する兵器の開発だ。「規制すべきだと思うか?」と踏み込むと、蓮実さんは「軍事利用をしない動きには賛成」とした上で、こう返した。

 「ロボットって人間そのものなんですよね。規制すべきかどうかの前に、戦争をしない方が良いという教育や文化をつくることが大切」

 例えばペッパーの開発では、AIで何ができるかよりも「どんな社会にしたいか」「どんなふうに振る舞えば、すてきだろうか」と考えるという。実現したいことを数値化してプログラミングするのは人間にほかならない。「つまり、その人がどんな社会や振る舞いがすてきかを分かっているかどうか。人間学や社会学を学ぶことも大事なんです」

 ペッパーを手掛ける前はテレビ局のプロデューサーとして番組制作に取り組んできた。中学時代に「二十四時間テレビ」や「ザ・ベストテン」といった「それまでの価値観が変わるような番組」に魅せられたのがきっかけだ。

 AIロボットは近年、世界中の企業が開発競争を繰り広げている。「この流れは止まらない。僕たちは人間らしく、人間にしかできないことは何なのかを考えるとき」と蓮実さん。高校生たちに「ロボットは、今のみんながつくる未来そのもの。開発をどう制限するかより、どうしたら社会が楽しく面白くて未来的になるかを考えて。そうしないと、すごくちっぽけなものになってしまうから」とメッセージをくれた。

 (構成・川合道子)

 <はすみ・かずたか> テレビ朝日で「ビートたけしのTVタックル」「報道ステーション」などの番組プロデューサーを務めた後、2008年にソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)入社。現在ソフトバンクロボティクス取締役兼コンテンツマーケティング本部長。一橋大社会学部卒。1965年生まれ。埼玉県出身。

◆スタッフ感想

 水野天子(高3・愛知県瀬戸市) 今までAIを利用することのデメリットばかりが注目されていたように思う。でもこれからますます社会に浸透し当たり前の存在になる。正しい知識を身につけ、AIによる問題を防ぐべきではないだろうか。

 鈴木悠斗(高2・同県東海市) 印象に残っているのは「ロボットは人間そのもの」という言葉だ。理想的なロボットを作るには、技術面の向上も大切だが、まず作る人が心理学や社会学などを学び、人間性を磨くことが大切だと教わった。

 畑山亘(高2・名古屋市緑区) 私が最も懸念しているのは、AIの軍事利用だ。蓮実さんへの取材で、規制する以前に利用についての教育の必要性を感じた。戦争はいけないことだという意識を私たち一人一人が持つことが大切だと思う。

 山下ひな子(高2・三重県桑名市) 蓮実さんの「ロボットとヒトがどうしたら幸せに暮らせるかを考えるべきだ」というメッセージが心に響いた。AIの技術が発展する中で、私たちヒトは何をするべきか、しっかりと考えていきたい。 

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索