トップ > 特集・連載 > 高校生・大学生 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

高校生・大学生

<キャンパス イチ推し> 南山大 航空部

グライダーを練習中の筆者

写真

◆眼下に山、家…とりこに 国際教養学部1年・榊原悠太さん(19)

 「空を飛んでみたい」。小学生の頃からの夢をかなえるために、今年南山大(名古屋市昭和区)の航空部に入りました。入部前の体験飛行では、いつも見上げていた山や家が眼下に広がり「いま本当に飛んでるんだ」とすごく感動し、さらにとりこになりました。

 入部して一番驚いたのは、合宿が月に一回程度あり、実際にグライダーの練習ができることです。動力がないので、巨大なリールのようなものでロープを巻き取ることで離陸し、その後は風に乗って飛行します。合宿中は朝から日没の約一時間前まで練習。最初は教官と一緒に乗って指導を受けますが、技量が上がると一人で乗ります。

 一回の飛行時間は十〜四十分で、高度は四百メートル以上になります。今は真っすぐ飛んだり旋回したりする技術を学んでいて、操縦だけで手いっぱい。風景を眺める余裕はあまりありませんが、少しでも長く飛びたいと思うほど楽しいです。部では「安全第一」が徹底されていて、気象や航空工学などの知識も学びます。「分からないことは何でも聞いて」と話してくれる先輩や、お互いを高め合える仲間と一緒に、飛行の技術を磨いていきたいです。

 大学生が「私の大学のお勧め」を紹介する「キャンパス イチ推し」を募集中。480字程度にまとめ写真とともにメール=koudai@chunichi.co.jp=へ。採用者に薄謝進呈。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索