トップ > 特集・連載 > 医療 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

医療

RSウイルス感染症 乳幼児は重症化で肺炎も 早まる流行 夏も予防を

手洗い、消毒、マスク着用

 乳幼児を中心に小さい子どもがかかりやすいRSウイルス感染症。特にゼロ歳児は感染すると重症化しやすく、肺炎を引き起こすこともある。例年、秋から冬にかけて流行するが、昨年は七月から患者が急増した。流行時期が早まっているとの指摘も多く、専門家は「流行に注意し、予防策を徹底してほしい」と呼び掛けている。 (河野紀子)

 RSウイルス感染症は、RSウイルスによる呼吸器の感染症で、二歳までにほとんどが感染するとされる。発熱や鼻水、せきなどの症状が数日間にわたって続く。ほとんどが軽症だが、一歳未満が初めて感染したときは重症化しやすい。

 例年は九月ごろから流行するが、国立感染症研究所が全国約三千の小児科医療機関を対象にした調査では、昨年は七月からRSウイルス感染症の患者が急増。ピークとなった九月中旬の週間報告数は一万五百人に上った。二〇一六年、一二年も夏から患者が増え始めた。理由は不明だが、流行期は早まる傾向にあるとみられる。

 愛知県豊明市の女性(32)の生後六カ月だった長男も昨年七月、RSウイルスに感染。「熱が出てぜーぜーと苦しそうだった。母乳やミルクを飲まなくなり心配した」と振り返る。五日間入院し、付きっきりで看病した女性も体調を崩した。

 RSウイルスは感染力が強く、患者のくしゃみやせきなどの飛沫(ひまつ)を吸い込んだり、ウイルスが付いたものを手で触って粘膜についたりして広がる。

 ただ、認知度は高くない。医薬品メーカー「アッヴィ合同会社」(東京都)が、二歳未満の子どもを持つ親千八百人に聞いた調査では、RSウイルス感染症を知っていると答えた人は49%。同じく乳幼児は重症化しやすいインフルエンザの98%と比べて、大幅に低かった。豊明市の女性も「はしかや風疹の怖さは聞いていたけど、RSウイルス感染症のことは全く知らなかった」と話した。

 同研究所の感染症疫学センター前室長で、群馬パース大大学院の木村博一教授は「RSウイルス感染症は、乳幼児にとってはインフルエンザと同様か、それ以上に怖い病気。もっと啓発が必要だ」と訴える。

 二歳以上になると感染しても症状が軽く、鼻風邪程度でRSウイルス感染症と気付かないこともあるが、「親や年上のきょうだいからうつるケースもある。幼い子どものいる家庭は、手洗いなどを徹底することが大切」と注意を促す。

 予防は、まず手洗い。家に帰ってきたら必ず手を洗い、ウイルスを持ち込まないようにする。食事の前や鼻をかんだ後の手洗いも有効だ。乳幼児は何でも口に入れるため、おもちゃなど身の回りの物を定期的に消毒する。周りでRSウイルス感染症がはやり始めたら、必要な場合を除いて人混みは避けた方がいい。家族でせきが出ている場合は、必ずマスクを着用しよう。

写真

 慶応大周産期・小児医療センターの山岸敬幸副センター長によると、一歳未満の中でも、早産で生まれたり、慢性呼吸器疾患や心疾患のあったりする場合は、感染するとさらに深刻になる恐れがある。こうしたケースでは、流行前に保険適用で予防接種ができる。

 山岸副センター長は、昨夏の流行を受けて、二カ月の女児に予防注射をした例を紹介。「その後にRSウイルス感染症にかかったが、重症にならなくて済んだ」と有効性を話した。

 

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索