トップ > 特集・連載 > 医療 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

医療

10代にタミフル再開 厚労省方針 異常行動は注意継続

 厚生労働省の専門家会議は十六日、十代のインフルエンザ患者に治療薬タミフルの投与を再開する方針を決めた。服用後の異常行動が報告され、二〇〇七年から原則中止になっていたが、他のインフルエンザ治療薬と同様の扱いとする。会議では、異常行動とタミフルの因果関係は分からず、服用の有無や薬の種類で異常行動の発生に大きな差はないと判断した。

 一方、子どものインフルエンザ患者の異常行動の報告は続いており、薬を服用したかにかかわらず、できるだけ目を離さないよう保護者に注意喚起を続ける。

 厚労省は、患者が増え始める十一月までに、製薬会社にタミフルの添付文書の改訂を指示する。十代の患者への使用は原則中止とした現行の制限を解除し、他のインフルエンザ薬と同様、未成年者の異常行動への注意を促す記載を新たに求める。

 この日の会合では、インフルエンザ患者の異常行動に関する既存の研究内容を議論。十代の男性に多く、発熱から二日以内で起きやすいことが紹介された。タミフルとの因果関係については否定的な報告が多いものの、明確には分からないという意見で一致した。

 会合に示された厚労省研究班の分析によると、処方百万件当たりの十代の異常行動の報告は、タミフルが三・一人で、他の三種類のインフルエンザ治療薬は二・六〜一一・七人だった。服用しないケースは四・八人だった。

 タミフルを巡っては、服用した中学生が自宅マンションから転落死する事故が相次ぎ、厚労省が十代への投与を原則中止とした。一方で、専門家からは使いやすい飲み薬として、使用を求める声が上がっていた。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索