トップ > 特集・連載 > ほっトライン(教育相談) > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ほっトライン(教育相談)

私大野球部、続けるか葛藤 大藤敏行さんが答えます

 【Q】私立大野球部に所属する一年です。中堅レベルの高校で補欠でした。入部後に自分と周囲の選手との体力、実力差を知り、コーチからは「選手としては難しい」とも言われました。自分でもうすうす厳しいと感じており、不本意ながら、勝負の世界なので仕方ない面もあります。部を続けるかどうか、葛藤する自分が参考にすべき考え方やアドバイスがあれば教えてください。 (男性、18歳)

 【A】競技スポーツとしての野球は、少年からプロまで、ピラミッドのようにステージが上がるほど競争が激しくなるものです。厳しい現実ですが、誰もがどこかのタイミングで競技の第一線を退かねばなりません。

 裏方に回ることを覚悟してでもハイレベルな価値観を部の仲間と共有するのか、サークルや草野球など、レベルを落として別の場所で選手としての道を求めるのか−。質問者がどう答えを出すかは、野球に対する考え方や、今後の野球との関わり方によって変わるはずです。

 教え子の例を挙げます。

 高校時代は好守巧打のいぶし銀の活躍で全国優勝に貢献し、大学野球部でも全国大会に出場。しかし三年になる時に「主務(マネジャー)をしてくれないか」と監督から打診されました。

 彼は相当悩み、相談を持ち掛けてきました。「将来どんな職業に就きたいのか」と聞くと、「教員として野球を続けたい」。そこで、彼の高校時代を振り返りながら、裏方として残り二年を過ごす経験は大きなプラスになると伝えました。

 当時、夏の大会メンバーから漏れた三年生が、選手のユニホームを洗濯したりダッシュの練習に付き合ったりしていました。控え部員の行動は、チームが登録選手だけでなく三年生全員のものだという自覚と誇りに由来するものだと話しました。

 彼はその後、主務としてチームの大学日本一を支え、現在は高校野球の指導に関わっています。

 どのスポーツでも、やる以外に、見る、支える、調べるなど関わり方はさまざまあります。大学の部活に残ってチームへの帰属意識や満足感が得られるなら、部を続けるのも一つの手です。

 不本意ながらも、自分の今後についてじっくり考えるチャンスだととらえ、悩み抜いて悔いのない決断をしてほしいです。

       ◇

 教育評論家尾木直樹さん、養護教諭すぎむらなおみさん、高校教諭・野球日本U−18ヘッドコーチ大藤敏行さん、タレント春香クリスティーンさん、桜花学園大非常勤講師近藤日出夫さんが教育の相談に答えます。

 勉強や学校生活、友人関係などに関する子どもや保護者の相談・疑問、先生の悩みなどを、連絡先とともに郵便(〒460 8511 中日新聞教育報道部 ほっトライン宛て)か、ファクス、メールで送ってください。中日新聞のホームページでも「投稿・ご意見」の「教育相談」から投稿できます。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索