トップ > 特集・連載 > ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史 > 記事

ここから本文

ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史

(16)デビュー3年目 特注マイク台で大成功

イラスト・赤塚千賀子

写真

 デビュー後、仕事の最初のピークは三年目の一九七四年でした。「激しい恋」「傷だらけのローラ」の連続ヒット。テレビドラマや映画への出演。紅白歌合戦への初出場。目まぐるしい一年でした。

 この年最初のシングルが「薔薇(ばら)の鎖」。僕の代名詞の一つである激しいアクションの方向を形作った曲です。

 徐々に振り付けが激しくなっていたのですが、この曲ではマイクアクションが加わりました。マイクスタンドを蹴り上げたり、振り回したりするアクションは、当時の日本の歌謡界では衝撃的なことでした。

 実は、海外のミュージシャンがやっていたアクションを取り入れたのです。ジェームス・ブラウンらがマイクスタンドを振り回すのを見て「僕もやってみよう」と試みるとうまくできなかった。鉄製のスタンドが重かったからです。

 ある日、かまやつひろしさんの誘いで、ロッド・スチュワートがいるフェイセズのコンサートへ。彼のアクションを盗もうと凝視すると、マイクスタンドを蹴り上げたり、放り上げたり。「どれだけ力持ちなんだろう」と舌を巻いたのですが、答えは簡単でした。かまやつさんが調べてくれ、鉄製ではなく、アルミ製で軽かったんです。

 特注で作ってもらったマイクスタンドは値が張りましたが、すごく使いやすかった。派手なマイクアクションを披露すると一躍話題になりました。「歌い手の大切なものを蹴るなんて」との批判も一部にありましたが、芸能界にマイクアクションがどんどん広がっていきました。

 やることなすことがすべて成功し、結果が残る時期が人生にはある。この年を振り返ると、そういう思いを強くします。 (歌手)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索