トップ > 特集・連載 > ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史 > 記事

ここから本文

ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史

(10)「プロ歌手に」と勧誘 16歳の夏休みに東京へ

イラスト・赤塚千賀子

写真

 小学五年のときに、兄や先輩たちとバンド「ベガーズ」を始めた僕は、自宅で練習に励む日々を送りました。ボーカルは先輩で、僕はドラムとコーラスの担当でした。

 ベガーズでは、メンバーがアルバイトをして月賦で楽器を買っていました。僕も中学生になると、新聞配達や牛乳配達をしてドラム代の返済に充てました。休みに、よく岩国のいとこの家に行ったことも思い出です。米軍キャンプに行きミュージシャンの演奏を見て音楽を吸収しました。

 中学の文化祭で演奏をすると、校内中で話題になりました。なにしろ、当時はグループサウンズの全盛期でしたから。でも、中学二年に進級すると兄たちが卒業していき、ベガーズはリーダー不在に。僕は水泳部の友人に声を掛けて「ジプシー」というバンドを結成しました。コンテストに出場し、上位に入賞したこともあります。

 高校生になると、叔父が支配人をしていたジャズ喫茶で、演奏のアルバイトをするようになりました。するとある日、叔父と知り合いだった「寺内タケシとブルージーンズ」のボーカルをしていた藤本好一さんから「プロにならないか」と誘われたのです。

 バンドでドラムを担当し洋楽ばかり演奏していた僕は「腕が認められた! ミュージシャンになれる」と喜んだのもつかの間、実際には「歌手にならないか」という話でした。歌う方がバイト料が良く、尾崎紀世彦さんの「また逢(あ)う日まで」や布施明さんの「そっとおやすみ」などを歌っていたのを、聞いていたというのです。

 洋楽にのめり込んでいたバンド仲間は「歌謡曲なんて歌うの?」と不思議がりましたが、ともかく夏休みに東京に行くことに。十六歳でした。 (歌手)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索