トップ > 特集・連載 > ハートナビ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ハートナビ

 ハートナビは、人生のベテランが若い世代の相談に答えるコーナーです。
 投稿は300字程度で、住所(県まで)、職業(学年)、年齢(20代まで)、性別を明記し、メールは young@chunichi.co.jp、郵便は〒460-8511(住所不要)社会部ハートナビ係、ファクスは052(201)4331同係へ。採用者のうち、投稿内容とは別に氏名や自宅住所を明記した人には図書カードを進呈します。
 (ハートナビは、中日新聞月曜夕刊の「若者のページ」に掲載されています)

いとうまい子に相談

部活練習に来ない先輩

 ハンドボール部の先輩が1月ごろから練習に来てくれません。顧問の先生が進路指導で多忙なため「顧問がいないなら、練習しても仕方ない」と。2年生10人のうち、来てくれるのは多くて4人。1年生もやる気を失い始めました。朝練は自分と同級生の2人だけで、パス練習しかできません。先輩に「来てください」とお願いしても、冗談まじりで流されます。4月には全国大会につながる予選が始まります。どうすれば、やる気を取り戻してもらえるでしょうか。(愛知県、16歳、高校生、男性)

◆自分たちでチーム再建を

 この先輩は、もう部活をやりたくないのでしょうね。やりたくない人というのは何かしら理由をつけたがるもの。「顧問がいないから」というのも、きっとそう。そう言えば、先生に責任転嫁できるから。

 こういう人は、そもそも責任感がないし、後輩を指導しようなんて気はさらさらないでしょう。「やる気を取り戻してほしい」という気持ちは分かりますが、期待しても駄目だと思います。

 期待するのではなく、自分たちが新しいハンドボール部を創設するという気持ちを持って、本当にやる気のあるすてきなメンバーを集めて練習する方がいい。すぐには予選を突破できるか分からないけれど、二、三年後にはきっといいチームになっているはずです。

 部活には熱い魂が必要です。あなたが一番やる気になっているんだから、自分がグループの中心になってやるんだという気概を持ち、未来に向かって建設的に進んでいってください。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索