トップ > 特集・連載 > ハートナビ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ハートナビ

 ハートナビは、人生のベテランが若い世代の相談に答えるコーナーです。
 投稿は300字程度で、住所(県まで)、職業(学年)、年齢(20代まで)、性別を明記し、メールは young@chunichi.co.jp、郵便は〒460-8511(住所不要)社会部ハートナビ係、ファクスは052(201)4331同係へ。採用者のうち、投稿内容とは別に氏名や自宅住所を明記した人には図書カードを進呈します。
 (ハートナビは、中日新聞月曜夕刊の「若者のページ」に掲載されています)

室井佑月に相談

就職か進学か決まらず

 就職か進学かで悩んでいます。今春から選択でクラスが分かれるからです。就職の場合、安定した公務員なら安心ですが、必ず受かるとは限らないし、一般企業でも希望の会社に行けるか分かりません。やりたいことが決まらずに進学して就職につながるのかも分かりません。先生は「決まってないなら進学にしたら」と言います。進学の方が将来の選択の幅が増えるからだそうです。同じように悩む友達に相談しても堂々巡り。解決の糸口が見つかりません。 (三重県、16歳、高校生、女性)

◆両方ともありで考える

 じゃ、進学か就職かどっちがいいか、もう少し、悩んでみたらどうだろう。といっても、その間なにもしないわけにもいかないので《この先、就職するかも、と考えながら進学する》《この先、進学するかも、と考えながら就職する》、そのどっちかって手もありますよ。そんな人、世の中にたくさんいるでしょうし。

 あなたはまだ十六歳。寿命がくるまであと六十年以上あるのです。一年くらいの遅れ、どうってことないと思います。

 とりあえず、就職するか進学するかのクラス分けは今春なんですよね。その際、《就職クラスに入って、進学も考える》もしくは《進学クラスに入って、就職も考える》、それでいいのでは?

 先生が「決まってないのなら進学にしたら」と言うのは、進学クラスに入って就職への方向転換のほうが楽だからかもね。あなたみたいな生徒を過去に何人も知ってて、その答えなのかもしれない。だったら、そうしとけばいいんじゃないかな?

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索