トップ > 特集・連載 > ハートナビ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ハートナビ

 ハートナビは、人生のベテランが若い世代の相談に答えるコーナーです。
 投稿は300字程度で、住所(県まで)、職業(学年)、年齢(20代まで)、性別を明記し、メールは young@chunichi.co.jp、郵便は〒460-8511(住所不要)社会部ハートナビ係、ファクスは052(201)4331同係へ。採用者のうち、投稿内容とは別に氏名や自宅住所を明記した人には図書カードを進呈します。
 (ハートナビは、中日新聞月曜夕刊の「若者のページ」に掲載されています)

香山リカに相談

実家近くに新居 拒む夫

 昨夏に長男が生まれました。今夏に仕事に復帰したいので、子どもを安心して託せる実家近くに家を建てたいのですが、夫が話し合いに応じてくれません。夫は「俺が子どもの送り迎えをする。会社を辞めて公務員に転職する」と言います。親に頼りたくないと表向きは主張していますが、どうも私の両親が嫌いなようです。夫は次男で私は一人っ子。家を継ぐことや、孫との生活を楽しみにしていた両親の気持ちを理解してくれていると思っていたのに、悲しいです。(岐阜県、29歳、主婦、女性)

◆「独り立ち」を応援して

 あなたはとても親孝行ですね。両親を喜ばせたいという気持ちは立派です。でも、「結婚ってなに?」と考えてみましょう。もちろん「好きな人と一緒に生きていくこと」なのですが、同時に「それぞれの親から独り立ちして、自分のチームをつくること」でもあります。「独り立ち」して本当の大人になるには、ただ結婚したり子どもをつくったりするだけではなく、「自分たちだけで生きていくんだ」という決意と努力が必要です。

 きっとあなたの夫は今、本当の大人になるために必死なんでしょう。あなたの両親が嫌いというのではなく、「愛する妻や子と生きていく」という気持ちでいっぱい。どうでしょう、夫の「独り立ち」の決意に応え、あなたもまずは家族三人の自立した生活を目指してみては。「よし、ホンモノの大人になれた」と夫婦が確信できたら、きっとあなたの両親とも良い関係がつくれると思います。あなたと一生のチームをつくりたい、と頑張る夫をぜひ応援してあげてください。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索