トップ > 特集・連載 > ハートナビ

ここから本文

ハートナビ

 ハートナビは、人生のベテランが若い世代の相談に答えるコーナーです。
 投稿は300字程度で、住所(県まで)、職業(学年)、年齢(20代まで)、性別を明記し、メールは young@chunichi.co.jp、郵便は〒460-8511(住所不要)社会部ハートナビ係、ファクスは052(201)4331同係へ。採用者のうち、投稿内容とは別に氏名や自宅住所を明記した人には図書カードを進呈します。
 (ハートナビは、中日新聞月曜夕刊の「若者のページ」に掲載されています)

香山リカに相談

部活と恋愛両立したい

 高校2年になり、友達の5、6人に彼氏ができました。私はまだ男性と付き合った経験がありません。楽しそうに彼氏の話をする友人を見ると、うらやましいです。自分が取り残されている寂しさも感じます。私は文科系の部活で部長を務め、忙しいです。男子部員は少なく、部活を通して他校の生徒と知り合うことはありません。クラスの男子と仲良くなる機会も限られています。出会いが少ない中、部活と両立しながら、男性と付き合うにはどうすればいいでしょうか。(三重県、17歳、高校生、女性)

◆焦らず“こころの貯金”を

 「彼氏がほしい」という気持ちはよく分かりますが、ちょっと勘違いがあると思います。それは、彼氏は「ほしい」と思ってつくるものではない、ということ。ひとりの男子のことが気になり、「どんなこと考えてるのかな、聞いてみたいな」などと思って話しかけたり手紙を渡したりする。そして相手が応えてくれて、いろいろな話をしたり「これ食べる?」とおいしかったお菓子をいっしょに食べたりする。そして、「あれ、もしかしたらこれが…」とはっと気づく、それが「彼氏」なのです。

 だから、そんな「好きだな、気になるな」という男子が現れるまでは、いくら友達に彼氏ができたからといって、慌てることはありません。部活をしたり本や雑誌をたくさん読んだりして、本当に好きな男子が登場したときにいろいろな話ができるよう“こころの貯金”をしておきましょう。そうやってすてきな子になればなるほど、いつか自分をさらに成長させてくれる彼氏と出会えますよ!

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索