トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

立候補予定者座談会詳報(下)

 

 二十一日告示の岐阜市長選を前に、中日新聞社が開いた立候補予定者六人による座談会詳報の最終回。製菓会社社長の中西謙司さん(56)=自民推薦=、元民主党衆院議員の柴橋正直さん(38)、元国会議員秘書の吉田里江さん(52)、元市議の森下満寿美さん(57)=共産推薦=、ベンチャー企業社長の棚橋保之さん(37)、元銀行員の小森忠良さん(59)が、互いの政策や政治姿勢への疑問点などで大いに議論した。 (進行・柏田健次郎岐阜支社報道部長)

◆お互いの政策に質問 

 −くじ引きで決めた発言順で、次の番号の人に質問してください。棚橋さんから。

 <棚橋さん> 小森さんが掲げる具体的な福祉政策とは。どの地域でも人手不足の中、社会福祉を担う人材は給料の高い名古屋に流れてしまうのでは。

 <小森さん> 国が介護認定の門を狭めて市の行政サービスを落としているが、地域では受け皿になる団体がない。NPOや市民団体などを主体にし、人手不足をカバーする。

 中小企業の経営者である中西さんに経済、産業、雇用の活性化策を聞きたい。

 <中西さん> 中小企業が共同で使える事務所のような拠点を首都圏に設置するほか、市内に企業や農家の共同直売所をつくる。

 柴橋さんに尋ねる。JR岐阜駅前開発を掲げているが、土地の権利関係が込み入っており、どうまとめるのか。前回の市長選で掲げた退職金の返上は、今回は訴えないのか。

 <柴橋さん> 地権者が少なく、大手もいる東側はある程度の合意形成ができており、目算がある。退職金については、前回の落選後、政策が有権者に評価されたのかを一から見直し、優先順位を付けた。

 吉田さんは、昨秋の衆院選に出馬し野党共闘した際、(今回、森下さんを推薦する)共産党や小森さん、棚橋さんが陣営にはせ参じた。市長選ではばらばらだが、政策的な違いはあるのか。

 <吉田さん> 政策と政治は違う。後援会など政治に関わる母集団が異なることもあり、なかなか一緒にできない。志は一緒なのでともに邁進(まいしん)したい。

 森下さんに聞く。社会保障、福祉を強くするというが、予算はどこから出すのか。

 <森下さん> 市がためた基金が三百億円超ある。この一部から七十五歳以上の医療費の段階的引き下げや学校給食の無料化に充てるのも可能だ。棚橋さんは、給食無料化をどう思うのか。

 <棚橋さん> ぜひ推進したい。市の給食センター集中化の取り組みの中で人件費や物流費を抑え、実現したい。食物アレルギーに対応した給食もできる。

 −今度は自由に指名して質問を。

 <小森さん> 柴橋さんの掲げる「岐阜都市圏百万人」とは何か。市町村合併に踏み込むのか。

 <柴橋さん> 衆院選挙区でいう1、3区を表す地域で、共同生活圏。観光でも広域連携をしたい。(合併して)政令市を目指すわけではない。

 <中西さん> 吉田さんに。女性活躍推進で市に必要なことは。

 <吉田さん> 女性が意思決定の場に入る仕組みづくり。議会や関係団体に女性が少なく、ワークライフバランスの環境も整えたい。

 <柴橋さん> 障害児者の福祉について、中西さんの考えは。

 <中西さん> 教育や就労の場に、行政がきちんと手を差し伸べなければいけない。

 <吉田さん> 中西さんの東京五輪までのロードマップ、ビジョンを聞かせてほしい。

 <中西さん> 合宿を受け入れ、市民交流するのは有意義。市内企業が五輪ビジネスに参画できるようにしたい。

 <森下さん> 同じく中西さん。学校給食無料化はどう思うか。

 <中西さん> 税収に対し、安く提供できる根拠がないことをすると、経営的に破綻する。魅力向上のため、オーガニックや地産地消などで質を高めては。

 <棚橋さん> 自治会活動を支援するという中西さんに、具体策を聞きたい。

 <中西さん> 入会すればおむつやミルクが入手でき、子育てが安くなるようにする。自治会の予算を増やし、経営感覚で運営できるようにしたい。

 −最後にひと言。

 <小森さん> 投票率がどうなるかは大切な問題。前回選(の39%)より下がるなら民主主義として不適切だ。

 <棚橋さん> 十八、十九歳が選挙権を得た初の市長選。高校生や大学生を巻き込む選挙戦に取り組みたい。

 <森下さん> 投票所に行けない障害者にも投票しやすい仕組みが必要。50%を割れば、選挙ではないという意見もある。

 <吉田さん> インターネットの情報で投票行動を決める人もおり、大きなツールだ。

 <中西さん> メディアには丁寧な情報発信を求めたい。ワンイシュー(一つの論点のみ)の選挙になるのが怖い。

 <柴橋さん> 選挙前から有権者との意見交換があれば議論が深まる。公開討論会のやり方も、もっと進化させられる。

 発言順は、公平を期すためにくじ引きで決め、設問ごとに順番をずらしました。

◇各立候補予定者の主な政策(並びはくじ引きによる)

中西謙司さん

・まちの情報化と市民への公開

・市内企業の収益改善

・教育重視の現市政の継承

柴橋正直さん

・公共交通への自動運転導入

・広域連携による岐阜都市圏づくり

・JR岐阜駅前の再開発

吉田里江さん

・歴史と文化を生かした国際観光都市化

・女性のワーク・ライフ・バランスの支援

・新庁舎計画の規模縮小による行財政改革

森下満寿美さん

・学校給食費の無料化

・高校生までの医療費の無料化

・中小企業振興条例の制定

棚橋保之さん

・豊かな自然を生かした市の観光地化

・IoTモデル特区の推進

・先進的農業の支援とリーダーの育成

小森忠良さん

・新庁舎計画の白紙撤回

・返済不要の奨学金の制定

・若者の起業への支援

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索