トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

松岡氏、幹事長を辞任 自民市支部

 岐阜市長選(一月二十一日告示、二十八日投開票)を巡り、自民党市支部幹事長の松岡文夫市議が対立候補と同じ会合に居合わせたとされる問題で、市支部は二十四日、松岡氏が提出した幹事長の辞任届を受理した。

 同党は市長選で製菓会社社長の中西謙司氏(56)を推薦しているが、市支部や本人によると、松岡氏は今月中旬、自らが所長を務める障害者福祉施設関連の会合に、元民主党衆院議員の柴橋正直氏(38)が参加した際、会場で鍵の開け閉めをした。

 松岡氏は二十一日付で「軽率な行動だった」として辞任届を提出。市支部は二十四日に市内で開いた執行部会と総務会で、松岡氏の辞任を認め、厳重注意とすることを決めた。幹事長は当面、空席とする。

 市支部会長の玉田和浩県議は取材に「士気を乱さないため」と、陣営を統率する狙いを強調した。松岡氏が務めている中西氏の選挙対策本部の副本部長職も「外れる」と語った。

 市支部は二十日に党紀委員会を開き、厳重注意とする方針を決めていた。(岐阜市長選取材班)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索