トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

松岡氏を厳重注意へ 自民市支部党紀委決める

 岐阜市長選(来年一月二十一日告示、二十八日投開票)を巡り、自民党市支部は二十日、市内で党紀委員会を開き、対立候補が参加した会合に関わったとして、市支部幹事長の松岡文夫市議を厳重注意すると決めた。近く市支部の執行部会と総務会に報告し、了承を得る。

 市長選で党は製菓会社社長の中西謙司氏(56)を推薦している。

 党紀委は非公開。松岡氏から事情を聴き、処分すべきか検討した。出席者によると、松岡氏が所長を務める障害者福祉施設に関する会合が今月中旬、市内であり、市長選に出馬表明している元民主党衆院議員の柴橋正直氏(38)が、講師で参加。松岡氏は会合に参加せず、出入り口付近で鍵の開け閉めをしたという。

 委員の一部から「幹事長としてあるまじき行為だ」と厳しい処分を求める意見があったが、松岡氏が明確に柴橋氏を支援する行為をしていないことなどから見送られた。

 松岡氏は取材に「脇が甘いと言われればその通りだが、大切な仕事に関わることで、やむを得なかった」と党に背く意図はなかったと説明した。(岐阜市長選取材班)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索