トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

公開討論ここを教えて 1月9日、市民ら4質問決める

 岐阜市長選(一月二十一日告示、二十八日投開票)に先立ち、立候補予定者の公開討論会を企画している市民グループ「ぎふ選挙勉強会実行委員会」が十九日、市民を交えた勉強会を市内で開いた。

 会員制交流サイト(SNS)などでの呼び掛けに応じ、男女七人が参加。岐阜市が抱える課題を話し合い、討論会で立候補予定者に投げかける質問項目としてまとめた。

 勉強会参加者の多くは子育て世代。「今の岐阜市の教育は特徴的。継承するのか、方向性を変えるのか。候補者の考えを聞きたい」「仕事や子育てをしながら自治会活動に参加するのは難しい」などと、身近な問題をテーマに議論は進んだ。

 二時間に及ぶ議論の末、質問は「岐阜市の強みと弱み、基本政策」「教育」「地域自治」「軸となるべき産業」の四項目に決まった。今後詳細を詰め、討論会で立候補予定者に答えてもらう。実行委員長で獣医師の奥田順之さん(32)は「選挙はまちづくりに参加する一つの方法。関心を高め、考える機会を提供できれば」と話した。

 公開討論会は一月九日午後二時半から、同市司町のぎふメディアコスモスで。入場無料。申し込み不要。後日動画も公開する。(問)奥田さん=080(5120)9097(岐阜市長選取材班)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索