トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

「新市庁舎計画見直す」 小森氏が出馬正式表明

 岐阜市長選(二〇一八年一月二十一日告示、二十八日投開票)で、銀行員の小森忠良氏(59)=同市鷺山=が八日、市役所で記者会見し、無所属での出馬を正式に表明した。

 小森氏は来年四月着工予定の新市庁舎計画の見直しを訴え「建物の規模も事業費も縮小し、学校給食無償化などに財源を充てるべきだ」と述べた。女性副市長の登用やまちづくり協議会の活性化なども掲げた。小森氏は岐山高、一橋大を卒業後、十六銀行に入行。現在はシンクタンクに出向中で月内に退職を予定している。

 岐阜市長選には、製菓会社社長の中西謙司氏(56)=自民推薦=、旧民主党元衆院議員の柴橋正直氏(38)、ベンチャー企業社長の棚橋保之氏(37)が出馬を表明している。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索