トップ > 特集・連載 > 岐阜市長選特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜市長選特集

棚橋氏「農業とIT融合」 出馬正式表明

 来年二月の任期満了に伴う岐阜市長選に立候補の意向を示していたベンチャー企業社長の棚橋保之氏(37)=同市御望=が二十九日、市役所で記者会見し、無所属での出馬を正式に表明した。

 棚橋氏は、農業を核としたまちづくりにITや人工知能(AI)などの先進技術を組み合わせる「農業先進都市」を掲げ、「岐阜から、世界へ羽ばたく人材や、世界へ発信できる魅力をつくりたい」と述べた。

 棚橋氏は岐阜市出身で、米国オクラホマ州立大卒。大手工作機械メーカーなどでの勤務を経て、二〇一六年七月に農業関連のベンチャー企業を設立した。

 出馬を表明したのは、菓子製造会社社長の中西謙司氏(56)、自民党の岐阜県議、長屋光征氏(38)、旧民主党の元衆院議員柴橋正直氏(38)に続き四人目。共産系の市民グループも候補者擁立を進めている。細江茂光市長(69)=四期=は意向を明らかにしていない。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索