トップ > 特集・連載 > 記事

ここから本文

特集

「長い時間だった」坂本弁護士の母さちよさん

 オウム真理教に殺害された坂本堤弁護士=当時(33)=の母さちよさんは6日、「事件が起きてから今まで長い時間だったなと思う。堤たちには『終わったね。安らかにね』と言ってあげたい」とのコメントを、坂本弁護士が所属していた横浜法律事務所を通じて発表した。

 同法律事務所の小島周一弁護士らは記者会見し「3人の無念を改めて思うとともに、事件を決して忘れない」と語った。

 坂本弁護士は1987年4月に同事務所に入った。

 元教団幹部ら6人は1989年11月、坂本弁護士と妻都子さん=同(29)、長男龍彦ちゃん=同(1つ)=を横浜市の自宅で殺害。3人の遺体は95年9月、新潟、富山、長野各県の山中で見つかった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索