トップ > 特集・連載 > 記事

ここから本文

特集

上祐氏、会見で「深くおわび」

 オウム真理教の元幹部上祐史浩氏(55)が六日、東京都内で記者会見し、教団が起こした事件について「私にも重大な責任があり、被害者に深くおわびしたい」と語った。

 上祐氏は、知人からの電話で死刑執行を知ったとし「(これまで抱えていた)緊張感が落ち着くかなと思う」と心境を明かした。

 上祐氏は、オウム真理教の後継団体「アレフ」から分派し「ひかりの輪」を設立。麻原死刑囚への思いを問われると「(アレフを)十年以上前に脱会し、特段の思いはない」と言い切った。警察当局が警戒を強めるアレフの信者に対しては「死刑執行を受け止めてもらいたい」と述べた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索