トップ > 特集・連載 > 記事

ここから本文

特集

オウム死刑囚刑執行ドキュメント

 オウム真理教の松本智津夫死刑囚らの刑執行を巡る動きは次の通り。

 8時45分ごろ 松本死刑囚の刑を執行と共同通信が速報

 8・50ごろ 松本サリン事件の被害者の河野義行さんが取材に対し「これで、あの事件の真実に迫ることができなくなって、本当に残念です」

 8・57 ロシア通信が速報

 9・02 ロイター通信が速報

 9・10ごろ 松本死刑囚以外に複数執行と共同が速報 

 9・20 AP通信が速報

 9・25ごろ 加藤勝信厚生労働相が閣議後記者会見で「大臣としてのコメントは控えたい。多くの方が被害に遭ったことを思い出した」

 9・30ごろ 鈴木俊一五輪相が閣議後記者会見で「死刑執行を契機にテロ事件の恐ろしさ(の再認識)や、再発防止を徹底するきっかけになればいい」

 9・35 閣議を終えた上川陽子法相が法務省に到着。大臣室に入る

 9・45ごろ 東京・小菅の東京拘置所に警視庁機動隊の車両が続々と到着。警察官が周辺の警戒に当たる

 10・00ごろ 土谷正実、遠藤誠一、中川智正、早川紀代秀の4死刑囚も執行と共同が速報

 10・07 菅義偉官房長官が記者会見で松本死刑囚の刑執行について「報告を受けている」。教団関係者の新たな凶悪行為の可能性を問われ「警察当局で万全の態勢を取る」

 10・20ごろ 井上嘉浩、新実智光の2死刑囚の刑も執行と共同が速報

 10・25ごろ 東京都足立区の「アレフ」施設前で警察官が警戒。信者とみられる人が施設内に入る

 11・00ごろ、法務省が死刑囚7人の氏名や執行場所を公表

 11・15ごろ 地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんが記者会見。「『その時が来た』という思いだ。もっと彼らには話してほしかった。心残りはある」

 12・00ごろ 公安調査庁が名古屋市や福岡市などのアレフの施設に立ち入り検査

 12・00ごろ オウム真理教の元幹部上祐史浩氏が記者会見を開始。一連の事件について「私にも重大な責任があり、被害者に深くおわびしたい」

 12・45 上川法相が法務省で臨時記者会見。7人の刑執行を発表。「裁判所の十分な審理を経て死刑が確定した。慎重の上に慎重な検討を重ねた」

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索