トップ > 特集・連載 > 記事

ここから本文

特集

松本死刑囚ら7人の刑執行

 地下鉄、松本両サリン事件などオウム真理教による一連の犯行を首謀したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑が確定した松本智津夫死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=の刑が6日午前、東京拘置所で執行されたことが関係者への取材で分かった。ほかに井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)、早川紀代秀(68)、土谷正実(53)、遠藤誠一(58)の6死刑囚の刑も執行された。一連の事件で死刑が確定した元教団幹部ら13人の中で初の執行。上川陽子法相が命令した。

 1995年5月の逮捕から23年。犯罪史上類を見ない数々の凄惨な事件を首謀した教団トップは一審途中から沈黙し、事件の詳細を語ることがないままの執行となった。警察当局は後継団体「アレフ」などの警戒を強化する。

 確定判決によると、松本死刑囚はほかの教団幹部らと共謀。89年11月の坂本堤弁護士=当時(33)=一家3人殺害事件、94年6月の松本サリン事件、95年3月の地下鉄サリン事件を起こした。

 公証役場事務長監禁致死事件なども含め13事件に関与し、判決で認定された死者は計27人。起訴後の死亡者などを含めた犠牲者は29人に上り、国は6500人以上の被害者を確認している。

 松本死刑囚は96年4月に始まった東京地裁の公判で不規則発言を繰り返し、何度も退廷を命じられた。弁護側は「指示はなく、弟子が勝手に暴走した」と無罪を訴えた。

 東京地裁は2004年の判決で、全事件での指示と共謀を認定。「一連の犯行の源であり首謀者。救済の名の下に日本支配を考えた動機は浅ましく愚かしい限りで、極限の非難に値する」と求刑通り死刑を言い渡した。

 判決後に弁護団は控訴したが全員辞任。新たに選任された弁護団が期限内に控訴趣意書を提出しなかったため、東京高裁は06年3月、公判を開かずに控訴棄却を決定した。弁護団は異議申し立てをしたが棄却され、最高裁に特別抗告。最高裁は同9月に棄却し、死刑が確定した。

 教団の裁判は11年12月、元幹部の死刑が確定していったん終結。逃亡を続けていた3人が逮捕、起訴されて再開した。18年1月に元信者高橋克也受刑者(60)の無期懲役が確定し、全ての裁判が終わった。法務省は同3月、松本死刑囚ら死刑囚6人を東京拘置所に残し、7人を各地の拘置所に移送していた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索