トップ > 特集・連載 > 生活部記者の両親ダブル介護 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

生活部記者の両親ダブル介護

(15)ベッドで楽しむ花見 桜の枝持ち、父母の元へ

桜をめでる父と母。せめて紙面では2人並んで

写真

 これも一種の「共謀罪」か。桜が満開の日曜日、弟(45)と共にはかりごとをめぐらす。「桜の枝を折ってこい」。首謀は私。実行は弟。だが、弟は枝を折るのは忍びないと、ちぎれかけた小枝を「助けてきた」と言う。人々の手に触れたからであろうか。ちぎれた小枝はいくつかの花を付けながら、水を入れた紙コップに保護されていた。プラスチックの上ぶたの飲み口が、枝を挿すのにちょうどいい。

 「準備行為」も整った。本当は、父(80)を施設から連れ出して母(81)のいる病院へ行き、「一家で花見」といきたかった。だが、父は微熱が下がったばかり。なので二部構成とする。

 施設での一次会。「外は満開やよ」と弟は桜を見せるが、父の目は私が持つコンビニ袋に注がれている。「花より団子」ではあるが、今日はクリーム入りの洋菓子。「甘ければ何でもいいんや」と父。「では、花見酒も」と私。父におちょこを渡し、三分の一ほど注ぐ。「うまいな…」と父。酔わすわけにはいかない。せがむ父をちびちびとなだめながら一次会を終える。

 花見客でごった返す辺りを避けながら車で二次会へ。途中渡る川の堤も満開だ。この土手で親戚一同で花見をしていた昔を思い出す。兄弟共に家を出て、そんな習いも絶えて久しい。

 母のいる病院に着いた。兄弟そろうのは久しぶり。弟が母に桜を差し出す。「いっぱい咲いとるよ」と弟。「きれいやねえ」と母。母はベッドから伸ばした右手を、紙コップの脇でかすかに揺らす。「本当にきれいやねえ」。気が付いた。母は花をなでているつもりなんだ。

 (三浦耕喜)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索