トップ > 特集・連載 > 生活部記者の両親ダブル介護

ここから本文

生活部記者の両親ダブル介護

写真

 父(享年八十一)が亡くなったので、父の介護関連の書類を処分しようと、束に目を通す。デイサービスを使う前は「あんな幼稚園みたいな所など行くか」と悪態をついていたが、実際に行き始めると、父は割と素直だった。つえをついて迎えに来た施設の車に乗り込んでいく。(9月19日 紙面から) 記事全文へ

[写真]

遺影の父(左)と昼食を取る母。スプーンを口元にやっても、母の視線は写真の方に

 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索