トップ > 特集・連載 > あの人に迫る > 記事一覧 > 記事

ここから本文

あの人に迫る

安本美典 「邪馬台国の会」主宰

写真・木口慎子

写真

◆卑弥呼は何者? 総合的に説明を

 九州か近畿か。中国の史書、三国志魏志倭人伝に記された「邪馬台国」の所在地論争は、古くは江戸時代から続き現代に至るが、諸説入り乱れ決着はつきそうにもない。その中で最新の統計論を駆使して九州北部と推定し、卑弥呼=天照大御神(あまてらすおおみかみ)伝説へと論理を進める安本美典・産業能率大元教授(84)。「邪馬台国の会」を主宰し、関連する著書は九十冊を超える。邪馬台国を熱く語った。

 −邪馬台国問題を考えるうえで大切なことは?

 古代史の全体を見て議論することです。私は九州説ですが、畿内説には部分的な事実をとりあげ、マスコミを誘導して世論をつくればいいといった雰囲気があります。「長江はある岸辺で見ると南や北に流れ、別の場所では東や西に流れたりしている。しかし、全体としては西から東に流れている」。これは毛沢東の言葉ですが、学問も同じです。ある特定の岸辺に立って観察して得られた事実が全体として正しいとはかぎりません。「全体をうまく説明できるのか」が大事です。

 −具体的には?

 考古学的な議論では「魏志倭人伝」の記述から出発し、データ全体を総合的に公平に比較すべきです。「倭人は、鉄の鏃(ぞく)(矢尻)を使った」と魏志倭人伝にあります。「鉄の鏃」の福岡県からの出土数は奈良県からの出土数の約百倍です。弥生期の「絹」は九州からは出土するけど畿内からはほとんど出土していない。「鏡」や「勾玉(まがたま)」でも同じ傾向が認められます。全都道府県について、出土数を調べ、その傾向を公平に比較すべきです。

 最近はビッグデータ処理の技術が、進歩してきています。私は便利な確率計算法であるベイズ統計学によって確率計算をしました。その結果、邪馬台国が福岡県にあった確率は、99・9%以上となり、奈良県である確率は、ほとんど完全にゼロです。畿内説の方に議論の出発点として検討していただきたいものです。

 −纏向(まきむく)古墳群の箸墓(はしはか)古墳が卑弥呼の墓ではないかと言う人もいますが。

 纏向の大きな建物の近くからモモの種が出土して放射性炭素(C14)年代測定で分析すると、卑弥呼の時代を含む西暦一三五〜二三〇年代という結果が出たと報道されたことがあります。しかし、この方法による場合、箸墓古墳から出土したモモの種で測定すると、四世紀を中心とする年代が出てきます。箸墓古墳では年代の古く出がちな土器付着物で測ると、三世紀という年代が出てくるのです。C14年代測定法というと科学的な印象を与えますが、何を測定するかで年代がかなり変わってくるし、年代推定の誤差の幅も広いのです。畿内説に都合の良い測定値はマスコミに持ち込み、都合の悪いデータは報道されていないのです。またモモの種や大型建物のことは倭人伝に記載がありません。古事記・日本書紀(記紀)の記述と倭人伝の記述の擦り合わせも必要です。

 −卑弥呼の鏡と騒がれた三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)はどうみるべきでしょう?

 これは古墳時代になってからしか出土していませんし、わが国からは五百面以上出ているのに中国からは一面も出ていません。日本国内でつくられたとみるのが妥当です。三世紀後半から四世紀はじめごろの、いわゆる「西晋鏡」でさえ、おもに福岡県を中心に分布しています。「庄内様式」といわれる弥生時代の土器の時期が卑弥呼の時代と重なるといわれていて、この時期の鏡は奈良県からの出土は三面のみなのに対し、福岡県からは三十面も出ています。もうひとつ、倭人伝に「棺(ひつぎ)あって槨(かく)なし」と墓制が記されています。おもに三世紀ごろ福岡県を中心に分布する箱式石棺は、これにあてはまります。奈良県のホケノ山古墳からは、木槨が出土していて、倭人伝の記述に合いません。

 −里程の問題からは?

 帯方郡(現在のソウル周辺)から一万二千余里のところに邪馬台国があると倭人伝に記されています。一里が現在の尺度で何メートルになるかは議論がありますが、同じ三国志韓伝には現在の韓国あたりを四千里四方としており、これから一里の距離が割り出せます。記述では帯方郡から一万里で九州に着きます。残りは二千里ですから、これまでの行程からすぐ想像はつきますよね。とても畿内まで行ける距離ではありません。九州しか有り得ません。

 −ところで、なぜこの研究に入ったのですか。

 昭和四十年代に邪馬台国論争がブームになって、松本清張さんらさまざまの分野の人たちがいろいろ自説を述べていました。私も倭人伝や記紀の記述を統計的に調べたら人とは違うことができるのではないかと思い、研究を始めました。

 −天皇在位年数もその方法で出されたのですね。

 奈良時代以前の天皇で、存在と在位が歴史的に確実な天皇について調べると、平均在位年数は十年程度なのです。活躍時期の中心が、西暦五八六年と歴史的にはっきりしている三十一代用明天皇を起点とし、古事記などの伝える全ての天皇が実在したと仮定して、卑弥呼の時代へとさかのぼっていきます。すると、初代とされる神武までいっても西暦二七〇〜二九〇年ぐらい。さらに神武の五代前とされる天照大御神の活躍年代を推計すると、卑弥呼が魏に朝貢した二三九年ごろ、つまり卑弥呼が活躍した年代と重なるのです。

 −もう少し展開すると?

 私は仮説検証法という方法を取ります。かつては絶対正しいという公理(前提)を設けて定理に進み議論を展開していたのですが、現代では仮説の前提は絶対に正しいものではなくてもよく、その前提から矛盾のない大きな体系がどれだけできるかによって、価値が決まることになりました。

 ひとまず天照大御神=卑弥呼説と仮定すれば、天照大御神がいた場所が邪馬台国となり、邪馬台国の手掛かりを記紀の中に求めることができます。記紀では天照大御神は「高天(たかま)の原」にいて「天の安の河」という川がある。福岡県のほぼ中央に「夜須」という地名があり日本書紀では「安」の字があてられ近くには夜須川が流れている。近くからは吉野ケ里に匹敵する大環濠(かんごう)集落、平塚川添遺跡が発見されています。

 −この地域と奈良の地名に大きな一致点がある?

 古事記神話に出てくる地名を検討すると、圧倒的に九州の地名が多いのです。さらに笠置山、春日、三笠山、住吉神社…など二十三個の地名が北九州と畿内とで一致し、互いの相対的位置関係もだいたい同じなのです。「九州から近畿への大きな集団の移住があったことを思わせる」と地名学者鏡味完二氏はのべています。いわゆる神武東遷(じんむとうせん)が浮かんでくるのです。

 −最終決着の道は?

 次の四つのことをどれだけ統一的・総合的に説明できるかによって説の優劣が決まるといっていいでしょう。(1)卑弥呼は日本の古典に記されている誰に当たるのか(2)邪馬台国の場所、つまり七万戸の人の住む広い地域はどこか(3)卑弥呼の宮殿はどこか(4)卑弥呼の墓はどこか−。私はこの四つを著書のなかで検討しました。ある一部分の事実だけをとりあげて、マスコミ報道に持ち込むという方法をとりません。それは宣伝であって、証明にはなりません。

 <やすもと・びてん> 1934年、中国東北部(旧満州)四平街市生まれ。小学6年で敗戦。1年後に岡山県に引き揚げる。県立高梁高から京都大へ。ことばや文章、文献、考古学的データなど人文科学データを統計的に解析する研究を行ってきた。67年に数理統計学を使った「邪馬台国への道」を著し、邪馬台国論争に参入する。その後「卑弥呼の謎」「大和朝廷の起源」「古代物部氏と『先代旧事本紀』の謎」「邪馬台国は99・9%福岡県にあった」「『邪馬台国畿内説』徹底批判」など古代史関係の著作は90冊以上。83年にカルチャーセンター講師の時の受講生らと「邪馬台国の会」を結成、主宰する。8人でスタートし、今は1600人の会員を抱える。東京都文京区で毎月1回の研究会を開催し、既に350回を超えた。「季刊邪馬台国」の編集責任者も務めた。

◆あなたに伝えたい

 ある一部分の事実だけをとりあげて、マスコミ報道に持ち込むという方法をとりません。それは宣伝であって、証明にはなりません。

◆インタビューを終えて

 年齢を感じさせぬ力強さで精力的に自説を展開、インタビューは三時間を超えた。既に多数の邪馬台国本を出版しているが、これまで収集した多数のデータがあり「散逸の可能性があるので今は著作にエネルギーを使っている」という。

 邪馬台国を理解する場合、古事記・日本書紀の「神話」を戦後史学のように「架空の物語」として見るのではなく、歴史的事実の伝承として捉え見直すことが重要と感じた。

 大学など自分の研究分野に閉じこもっている研究者の間では畿内説が多く、自由な発想の人や在野の研究者、古代史ファンの間では、九州北部というのが多いように思うのは偏見か。

 (小寺勝美)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索