トップ > 社説・コラム > 夕歩道一覧 > 記事

ここから本文

夕歩道(夕刊コラム)

夕歩道

 震度7。今のところ8はない。つまり最大の揺れの強さを示す。人が立っていることもできず、鉄筋コンクリートの建物にも倒壊の危険、崖崩れが多発し、大規模な地滑りや山体崩壊の恐れあり。

 観測史上六回目の震度7。一九九五年阪神淡路、〇四年新潟県中越、一一年東日本、一六年熊本二回、そして北海道。日本中を覆ってしまう。この国で暮らしていく限り、7に無縁の場所はない。

 全道停電は衝撃だった。広大な北の大地が闇に沈むとは−。想像力が及ばない。巨大発電施設は地震に弱い。原発は、なお危ない。震度7が頻発する国日本で、原発依存は、やっぱり許されない。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索