トップ > 社説・コラム > 夕歩道一覧 > 記事

ここから本文

夕歩道(夕刊コラム)

夕歩道

 イワシの塩焼きが食卓に並ぶのは日本ばかりではない。醤油(しょうゆ)かオリーブ油かの違いはあれど、ポルトガルでも日常的に。鉄砲伝来に始まる交流の歴史のほかにも、何やら不思議な縁があるのかも。

 ポルトガルの元首相グテレス氏が国連事務総長として初めて長崎の式典に。「核保有国には核軍縮を先導する特別の責任がある」。その不思議な縁が背中を押し、力の入ったあいさつになったか。

 「二〇一七年には一兆七千億ドル以上のお金が武器や軍隊のために使われた。冷戦終結後、最高の水準で、世界中の人道援助に必要な金額の八十倍にあたる…」。よく聞けば、恐るべき数字である。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索