トップ > 社説・コラム > 中日春秋一覧 > 記事

ここから本文

中日春秋(朝刊コラム)

中日春秋

 ミステリーの女王、アガサ・クリスティは、まるで自分がミステリーの主人公になったかのような事件を起こしている。よく知られる十一日間の失踪事件だ

▼乗っていた車が、田舎道に捨てられ、車内に身の回りの物もあった。そのころ夫には愛人がいて…。殺害説も浮上し、大騒ぎになる。クリスティはホテルで見つかるのだが、真相について多くを語らずに世を去った。謎解きに挑んだ書籍や映画がつくられることになる

▼こちらは一見、第一級のサスペンス劇である。国際的な犯罪対策に取り組む国際刑事警察機構のトップが突然行方知れずになる。妻の携帯電話にナイフの絵文字を残して…

▼ただ、中国から総裁に選ばれた孟宏偉(もうこうい)氏をめぐるこの話、どうも中国国内の権力闘争、政治闘争劇の色が濃い。他国には理解が難しい要素が多くて、映画やドキュメンタリー向きではないかもしれない

▼予想されたとおり、孟氏は母国で拘束されていた。収賄容疑で取り調べられているという。失脚だろうか。国際的な人気女優が、公の場から突然姿を消し、数カ月行方不明になったのも、話題になったばかりだ。異質の論理で動く国。そんな不気味なイメージがここに来て強まっている

▼「誰もが何か隠してるものです」。クリスティの作品で活躍する名探偵ポワロの言葉だ。世界の経済大国に隠れたものが多すぎては困るのだが。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索