トップ > 社説・コラム > 中日春秋一覧 > 記事

ここから本文

中日春秋(朝刊コラム)

中日春秋

 テニスの全米オープンで錦織・ジョコビッチ戦をテレビ観戦していて、松本大洋さんの漫画『ピンポン』のある場面を思い出した。それにしてもジョコビッチが強い。ああ、また、錦織がブレークされた

▼漫画の中で、ライバルの選手が試合に負けた主人公にこうささやく。「お前にひとついい事を教えてやんよ。ペコ。絶対に負けない唯一の方法さ」。本当にそんな方法があるのなら、誰だって知りたい。今の錦織だって。どんなに強烈なフォアハンドを決めても、ノバクは打ち返してくる。もう1セットを失ったか

▼絶対に負けない唯一の方法とはなにか。漫画の男が教える。それは、「勝つ事だ。ひひ…」。それでもそれは真実。走れ、錦織

▼ゲームセット。またしても旧ユーゴ出身の元世界一位にはじき飛ばされたか。これで十四連敗。通算成績はジョコビッチの十五勝に対して、錦織二勝。なんと高く険しい山なのか

▼なかなか勝てぬ相手に悩んだ選手を知っている。二〇一〇年までの通算成績は相手が十六勝で自分は七勝。が、挑み続けた結果、やがては通算成績で追いつき追い抜くようになる。挑み続けた選手とは、ラファエル・ナダルに対するジョコビッチである

▼コートを引き揚げる錦織。さすがにややうつむいていた。さあ顔をあげてほしい。挑み続けるしかない。それが「勝つ事」に近づくための唯一の方法。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索