トップ > 社説・コラム > 社説一覧 > 記事

ここから本文

社説

陸自ヘリ墜落 安全対策に隙はないか

 陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅に墜落、炎上した。ここ数年、自衛隊の航空機事故が相次いでいる。安全対策に隙はなかったのか。事故の再発防止に向けて徹底的な検証が必要だ。

 墜落したのは二人乗りAH64D戦闘ヘリコプター。通称「アパッチロングボウ」と呼ばれ、対戦車部隊に所属する。五日午後四時三十六分、陸自目達原駐屯地(吉野ケ里町)を離陸し、約七分後、駐屯地から約六キロ離れた民家に、機首から墜落した。

 搭乗していた自衛隊員が犠牲となり、民家にいた小学五年生の女児が軽いけがをした。住民を巻き込む重大事故となったことを自衛隊はもちろん、安倍内閣全体で深刻に受け止めるべきだろう。

 事故はメインローター(主回転翼)の部品交換後、試験飛行中に起きた。上空で主回転翼が外れて落ちたとの目撃情報もある。整備ミスはなかったのか、まずは陸自が設置した事故調査委員会で徹底的に調査することが必要だ。

 小野寺五典防衛相から報告を受けた安倍晋三首相は、同型機の飛行停止と、陸海空全ての自衛隊ヘリの整備点検を指示した。当然の措置だ。事故原因の究明と再発防止策を講じる前に、飛行を再開することがあってはならない。

 自衛隊ではここ数年、陸海空にわたって隊員が死亡する航空機の墜落事故が相次いでいる。

 昨年五月には北海道で救急搬送に向かう陸自連絡偵察機が墜落、乗員四人が死亡した。八月には青森県沖で海自哨戒ヘリが墜落して二人が死亡、一人が行方不明に。十月にも浜松市沖で四人乗りの空自救難ヘリが墜落して、三人が死亡、一人が行方不明になった。

 なぜこれほど墜落事故が相次ぐのか。特に昨年は死者を出す重大事故が三件と突出して多い。

 直接の技術的要因だけでなく、北朝鮮や中国への警戒監視に追われる現場の疲弊を指摘する声や、高額な防衛装備品購入で整備に人や金が十分に回っていないのではないか、との見方もある。構造的な問題があるのか否か、この際、徹底的に調査して、有効な対策を講じるべきだろう。

 陸自は垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港への配備を計画するが、事故やトラブルを繰り返す機種だ。在日米軍分を含めて配備を見直すべきではないか。

 国民の命と暮らしを守る崇高な使命を帯びる自衛隊が逆に、国民の安全を脅かすことになるとしたら、本末転倒である。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索