トップ > 愛知 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

5G使い自動運転の実証実験 一宮で4G車両と比較

公道を自動走行する5G車両(左)と、すれ違う4G車両=一宮市住吉2で

写真

 次世代の高速通信システム「5G」を活用した自動運転車を公道で走らせる実証実験が九日、一宮市であった。大村秀章知事と同市の中野正康市長が試乗し、安全性や実用化に向けた課題を確かめた。

 県や通信大手KDDI(東京)、測量システム開発会社アイサンテクノロジー(名古屋市)などが共同で実施。県によると、5Gの自動運転車を公道で走らせるのは全国初で、一宮市内にある通信拠点「KDDI名古屋ネットワークセンター」を生かして実施した。

 5Gは前世代の4Gに比べ、高速で大容量の情報を伝達でき、リアルタイムで精細な映像を映し出せる。今回は5Gと4Gの車両を一台ずつ使用。住宅や店舗が立ち並ぶ中心市街地を同時に走った。

 車両は、センサーで三百六十度光を照射し、周囲の環境を感知しながら進む。運転席に人が乗らない代わりに、車両のカメラの映像を、近くのネットワークセンターに設けたモニターで監視。路上に障害物を感知すると自動で止まるが、万一の場合は遠隔のハンドル操作に切り替える。

 大村知事は5G車両を「加速も滑らかで、一般車両に乗っているのと違和感がなかった。また一歩、実用化に近づいたと実感した」と評価。「高齢者の買い物や福祉施設への定期的な巡回に使えば、未来の社会が開ける」と期待した。

 十日は、市民モニターが試乗する実証実験を行う予定。

 (高本容平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索